転職

一番目の本格的な転職Webページとしては、リクルート社が1996年に立ち上げた「DigitalB-ing」が挙げられる。 同サービスはその後「リクルートナビキャリア」、「リクナビNEXT」とサービス名を変更して継続している。 売上や掲載会社数が多い転職サイトとしては、「リクナビNEXT」「en社会人の転職情報」(2000)「定期的キャリアナビ」(1999)などがある。 当然ながら転職情報サイトは転職情報企業が広告目的・利益目的で設けているものなので、転職に過剰な望みや幻想を抱かないように用心する必要はある。 これらのサイトの運営企業は、元々紙媒体の職業情報を扱っていたり、情報誌の営業を行っていたりした企業があらかたである。 インターネットの普及に伴い、転職情報Webページを用いた転職が主流になりつつある。 橋本市 求人